一日で出来るトイレの丸ごとリフォーム

トイレに関する情報サイト

トイレの種類を知ろう

中世ヨーロッパ時代では、水洗トイレなどがなかったため、路上には、たくさんの人や動物の糞や尿が散乱していました。
そのため、街中は、悪臭だらけで人々は、糞や尿や生ゴミを窓から捨てるのが当たり前だったため、道の端を歩いていると頭の上に生ゴミや糞や尿が落ちてくる事も珍しくありませんでした。
トイレを作ることができるのは、富裕層の人々のみだったため、一般市民はおまるを使用していました。
道路の様々な場所に排泄物を溜める溝がありましたが、その場所を通る際は、板を渡るか、階級の高い女性は、運んでくれる人に有料で依頼し、その場所を通るしかありませんでした。
あの有名なベルサイユ宮殿では、できるだけ、宮殿を汚さないように、274個の椅子型のトイレが設置されていました。
しかし、宮殿には、世話人の人々だけでも4000人いたため、トイレの数が足りず、2000個のおまるも使用していました。
排泄物は、庭に捨てられていたため、排泄物の悪臭がベルサイユ宮殿全体に広がっていたため、香水を大量に使用し匂いを誤魔化していました。
歩いていても排泄物を直接踏まないようにするために、ハイヒールやブーツが開発されました。
それ以外にも、日傘も頭上から落ちてくる排泄物から守るために開発されました。
男性は、頭にバケツをかぶり、マントを着用して自分の身を守っていました。
このサイトでは、トイレのリフォームに関する初歩的な内容からマニアックな内容まで詳しくお話ししたいと思います。

TOPへ戻る