トイレに関する情報サイト

>

衝撃的なトイレの歴史

トイレの種類

一般家庭によくあるトイレは「便座」や「便器」や「タンク」を組み合わせて作られています。
災害などで水が流れなくなっても、タンクの中に水が溜めてあるので、水を流す事が可能です。
便座など好みの物を設置する事ができるので、人気があります。
ちなみに、一部分が壊れた場合は、壊れた場所のみ交換する事ができます。
タンクレストイレは、名前の通り、タンクがないトイレなため、トイレの空間を広く見せる事が出来ます。
一体型のシャワートイレは、タンクや便座や便器が全てひとつになっているトイレです。
この他に、トイレのタンクをキャビネットに隠してあるタイプのトイレがあり、掃除道具などが収納出来るようになっているため人気があります。

リフォームするメリットとデメリット

リフォームをする1番のメリットは、全て取り壊し立て替えをする訳では無く、今の生活環境を残しつつ、劣化した場所などを新しくする事が可能な事です。
工事する期間も短縮出来たり、費用も安く抑える事が出来るため、建て替えをするよりも、リフォームをする方が増加しています。
一方、リフォームをするデメリットは、建て替えを行う訳では無いため、バリアフリー化などにする事が出来ず、リフォーム内容によっては、建て替え費用よりも高額になってしまう可能性があるため注意が必要です。
人はいずれ必ず歳をとるので、リフォーム費用と立て替え費用が、あまり変わらないのであれば、バリアフリー化の住宅に立て替えてしまっても良いかもしれません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る