トイレに関する情報サイト

>

リフォーム内容によって変わる費用

20万から60万で可能なリフォーム

20万円から60万円の間で可能なトイレのリフォームは、洋式便器を交換したり、手洗い場を設置したり、壁紙などを張り替えたりする事が可能です。
それ以外にも、トイレの数を増やしたり、トイレを移動させたりする事もできます。
ちなみに、和式トイレを洋式トイレに変更する場合は、大工事となり、高額な費用が発生してしまいます。
一時的に高額なトイレのリフォーム費用を払わなければいけませんが、何年も住み、利用する事を考えると、費用だけみれば安いのかもしれません。
高齢になってからの事も考えた上で、どのようなリフォームが良いかよく考えて決めましょう。
業者によって費用が異なるため、相場よりも安くリフォームできる場合があります。

60万以上でリフォームできる内容はこれ

60万円以上で可能なトイレリフォームは、車椅子のまま入れるくらいのトイレの広さに変更したい場合です。
トイレをどのくらい広くするのかによって、費用が異なります。
広めのトイレじゃなくても良い場合は、60万円あればトイレを丸ごとリフォームする事が可能です。
それ以外に、20万円以上する便座や手洗い場などを設置する場合は、60万円以上リフォーム費用が発生してしまう場合があります。
ちなみに、便器や手洗い場など安いものにする場合は、20万円以下で費用が収まる場合があります。
壁紙も消臭効果のあるものだと、費用が高くなるそうです。
せっかくリフォームするのであれば、気に入った内装で、リフォームしてもらいましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る