トイレに関する情報サイト

>

トイレのリフォームは1日でできちゃうんです

1日で出来るトイレ丸ごとリフォーム

トイレのリフォーム内容によっては、工事期間が、1日で終わります。
1日で出来るリフォーム内容は、洋式便器を新しいものに交換したり、内装を変更したり、手すりを設置するなどです。
1日で工事が終わることによって、トイレに困ることがなく、早ければ、工事した当日の夜から、リフォーム済みのトイレを使用する事が可能です。
ちなみに、和式トイレを洋式トイレに変更する際は、3日かかり、トイレの場所を変更したり、トイレを増やしたりしたい場合は、5日かかります。
新たに手洗い場を設置したい場合は、3日ほどです。
工事中は、自宅のトイレが使えなくなるため、自宅近くにあるコンビニやスーパーなどのトイレを利用するようにしましょう。

リフォームを失敗しないために

自宅のトイレスペースを考えず、ショールームに行った時にデザインなどで選んでしまい、いざリフォームしてみたら、トイレ自体が大きかったり、便座のサイズが合わないなど失敗してしまう可能性が高いので、寸法など測ってから、ショールームに行きましょう。
タンク付きのトイレを選んだ場合は、タンクの上に手を洗う場所を設置するかよく考えましょう。
直ぐに手を洗えるので、便利も知れませんが、手を洗っている最中に水滴が床にかかり、すぐに拭き取らずに放置しておくと汚れてしまったりするので、注意が必要です。
床の材質もトイレは汚れやすいため、アンモニア臭が染み込んでしまうフローリングは、避けましょう。
ビニールで出来ているクッションフロアがトイレの床材におすすめです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る